お知らせ

10月7日(水) ニューシングル「エピソード1」リリース決定!

なかの綾が遂にオリジナル曲をCD+アナログ7インチでリリース決定!

なんと!「ウィスキーがお好きでしょ」の田口俊&杉真理の強力タッグによる夜のキラー・チューンが完成!プロデュースはお馴染のはせはじむを迎えた盤石の布陣!歌謡曲ファンには嬉しいカラオケ付き!

ジャケットの写真は巨匠、菊地昇。

———————————————————————————–

「エピソード1」

杉真理(作詞作曲)、田口俊(作詞)両氏を迎えた強力盤!
曲名から、 なにやらイワクありげな「なかの綾」の新曲です。
あの名曲「SAYURI / ウィスキーがお好きでしょ」のコンビでの楽曲提供、という所から読み解くと、、、
杉氏曰く、「ウィスキーがお好きでしょ」の前日譚、なのだそうです。
なんと、お酒にまつわるサーガ第一弾としての「エピソード1」。
言うなれば、なかの綾はアナキン・スカイウォーカーなのでしょうか(笑)。
彼女もそのうちにダークサイドに落ちてゆき、、、
それはそれとして。
メロウで深夜の酒場を思わせる耽美で切ないメロディー、口ずさみたくなるリリック、アフロ・キューバン風味のアレンジが二人をダンスフロアへいざなう、新たなスタンダードが完成しました。
どこか、往年の映画音楽のように旅情も誘うこの曲、ぜひお聴き下さい。

大人には、夜とお酒と男と女、そしてモダンな歌謡曲が必要なのです。

———————————————————————————–

「帰ってくれたらうれしいわ」

「You’d Be So Nice To Come Home To」の、大橋巨泉氏による名邦題「帰ってくれたらうれしいわ」。
2015年、”なかの綾”によって新しいヴァージョンが誕生しました。
この名曲は言わずもがな、1942年の映画 “Something to shout about” の挿入歌であり、多数のアーティストに愛されてきたクラシックです。
最も有名なものはやはり、ヘレン・メリルとクリフォード・ブラウンによるものでしょう。
繰り返し発売され、某時計メイカーのCMにも使われた、「ジャズ・ヴォーカルと言えばこれ」の一曲。
個人的な見解を言えば、この曲が日本の歌謡曲、特に演歌やムード歌謡に与えた影響は甚大だと思うのですが。
それはさておき。
本人のセルフカバーも多数、日本でも八代亜紀、由紀さおり、JUJU、”勝手にしやがれ”が中島美嘉をフィーチャーした盤など、すべて好演です。
そこで今回の”なかの綾”ヴァージョン、ゴージャスなビッグ・バンド・ジャズ・アレンジを施してお届けします。
聴いて良し踊って良し、「夢の中でだけ、あなたは帰るの」と歌う綾嬢に身も心も任せて下さい。

大人には、夜とお酒と男と女、そしてモダンな歌謡曲が必要なのです。

〈楽曲解説 : はせはじむ〉

———————————————————————————–

タイトル : エピソード1 / 帰ってくれたら嬉しいわ
発売日:10月7日(水)
品番:HCCD9564
価格:¥1500(税抜価格)
フォーマット:7inch+CD
レーベル:VIVID SOUND / HIGH CONTRAST

7インチ収録曲
SIDE-A:エピソード1
SIDE-B:帰ってくれたら嬉しいわ

CD収録曲
01. エピソード1
02. 帰ってくれたら嬉しいわ
03. エピソード1 (カラオケ)
04. 帰ってくれたら嬉しいわ (カラオケ)