美醜について考える

以前
「地方都市にいる美人」という
コピーをつけていただいているweb記事を目にした。
”美人”とつけて頂いてるだけで
もちろん喜ぶべきところなんだけど
なんか、モヤッとした。笑

もちろんポジティブな意味での
”身近な”というか、そういう表現では
あったのだと思うけれど、
じゃあ「世界に通用する美人」って
なんなんだよ。と。

一般女性が
プロ顔負けの視覚効果を覚え
お化粧だけでも変身できる上
美容整形というものが
お手頃でお手軽になったこの時代、
生まれつきそうでなくとも
”綺麗なひと”になる機会は
その昔からは考えられない程
女性みんなに与えられているんだと思う。

その昔、
見た目にコンプレックスを抱えている女性の、
実の家族や友達から言われた酷い言葉や生い立ちを追い
大幅に整形して生まれ変わる、
そのビフォーアフターを追う番組があった。

それを見ながら
「いいなぁ。私ももうちょっと鼻が高かったら
こんなに目と目が離れてないのになぁ」と
つぶやいた時に
母親が言い放った言葉が忘れられない。

「あんたは私が可愛い顔に産んである!
こんな風に顔を変えるなら、私の娘をやめなさい」
「見た目を磨くより、内面をキッチリ磨きなさい」

SNSで色んなご家庭のお子さんの写真が
向こうから飛び込んでくるこの時代、
ちびっこも写真に撮られ慣れてるし、
何なら私の世代は、”プリクラ”の恩恵で
写真に写る際の顔の作り方は
一世代前のそれと比べて格段に変化してると思う。

自分の姿を客観的に見る事ができる分、
よりおしゃれに、綺麗になろうと思う情熱は
強迫観念にも似た
コンプレックスに形を変えて行くんじゃないかな。

そりゃ、私だって、いろいろ嫌だ。

ファンデーションを覚える前にアイメイクを覚えて
でもクレンジングの大事さを知らなかった10代と
産まれ持った色白が災いして
目の周りは色素沈着してるし
目が離れてるせいで油断すると爬虫類みたいな顔だし
鼻が低いせいで海外製のサングラスかけると
ほっぺたに跡がつく。
左右の二重の幅も違うし
眉山もずれてるから
普通の顔しててもおどけてるみたいになる。

でもね、
そんな顔を
「可愛く産んだ」って言うんだよ。
母親にとっては、
「可愛い可愛いお姫様」なんだよ。

どんどんシワが刻まれつつあるし
シミやほくろが増えてきて
”歳を重ねること”
”お手入れの重要性”を
年々重く感じてる。

それでも、私は、無茶なことはしたくないな。
だからって、
美容整形をするひと、したひとの事を
真っ向から否定するつもりもない。
二十歳の当時まだ高かった光脱毛を
10回ローンを組んででもやった事で
思春期にとても嫌だったコンプレックスが
スパッと消えて、薄着を楽しめるようになったのと
何ら変わりのない事だとも思ってる。

でも、
いくらシミひとつなくて
パッチリおめめで
鼻筋がスッと通った美しい顔でも、
その根底にある性根は
表情に現れると思うんだよね。

生きてる限りこれからも続く
加齢と共に徐々に来る劣化は
なるべくなら止めたいし
出来る限り抗って行きたいと思ってるけど、
それ以上に
愛嬌のあるひとになりたいな。

これから眉毛に混じるであろう白髪すらも
チャームポイントにできるような
”可愛いオバハン”になりたい。

そんな風に、私を育ててくれた母親は
「それよりアンタ!
人前に出る仕事やのに
そない太るてどうゆう事や!」と
草葉の陰で
ブチ切れているに違いないけどね。笑

お母さん、
楽しく歳を重ねて
とても魅力的な笑顔が出来る先輩に
今年もまたたくさん出会えて
やっとお母さんの言ってた言葉が理解できたよ。

私もそんな先輩になりたい。

- 会員のコメントがあります -

FRIDAYありがとうございました!

昨日の長者町FRIDAY、
ご来場ありがとうございました(^^)

アコースティック編成でのライブ
如何でしたでしょうか?

私は、
いつも自分の左にいるピアノが
逆にいる、と言うことで
ソロの度に完全に逆を向く、
そんな呪いにかかっていました。笑

あー楽しかった╰(*´︶`*)╯♡

来月はたをやめ7の皆さまと。
お楽しみに!

- 会員のコメントがあります -

★☆綾掲示板開設☆★

happy white day❤️

ついに
会員様専用コンテンツ
”綾掲示板”オープンになりました!
この綾日記へのコメント機能も追加!

皆様、こちらでも是非宜しくお願い致します★

- 会員のコメントがあります -

筋活!

テレビで見て
気にはなっていたけど
なかなか
行くチャンスが無かったボルダリング。
ほぼ初心者のお友達が
数年趣味にしてる人と行く、という
絶妙なタイミングに恵まれ
ついに初挑戦してきました。

鍾乳洞のようなコースを
リポビタンDのCMばりに行く人、
カップルでイチャイチャやってる人、
根性試しのようなヤンキーチーム、
華奢ながら握力のみで体重移動して行く
かなりの猛者な女の子。

人が登るのを見て感動したり
どこに足かけて、あれが右手で
と頭使いつつ、いざ登るとプルプルして。
同じ色の石を使って登り
スタート、ゴールは両手でタッチという
ルールなんだけど、
色んな難易度の物が
縦横無尽に散りばめられてて
見た目にも楽しい。
大人のアスレチックこれまさに!
物凄く楽しかった!

日常生活には
ほとんど支障の無い程度に
回復しているとは言え
かなりの負荷がかかった左手さん。
完全に死亡です。
トイレでお尻拭くのに力入らないなんて
産まれて初めて。
ウォシュレット完備で本当に良かったと
感動しながら
ヨボヨボ過ごす日曜日。

携帯リコール事件

携帯の充電が、まだ全然あるのに
突然ブラックアウトする。

そんな症状に
ずっと悩まされていました。

日によっては機嫌がいいのか
残り2%くらいまでもってくれたり
ブラックアウトしても温めたら復活したりしてた。

でもさ、50%残して消えるて!どゆことよ!
何度も叩き割るとか、車道に放り投げるといった
衝動に襲われていました。

いつ電源落ちるか、
ちょっとしたスリルを少し楽しんでいた節もあるんやけど
これ、地方で、スタッフとはぐれたタイミングやったら
おしまいなんよね。

こないだ、スタッフと別々に会場入りするにあたり
ちょっと迷いつつ向かったんだけど、
地図起動しつつwebページで場所確認しつつで
急速に減って行く充電にゾッとしたので
いよいよ携帯キャリアに駆け込んだんです。
品番を調べてくれて「はい、アップルストアどうぞ」とな。
結果、リコール対象でした。

「お代金はかかりません」と何度も言われてんけど、
当たり前やろが!本体いくらするおもてんねん!おもて。笑

しかし、アップルストア、店員さんの対応が最高だった。
やっぱすごいよアップル。
いかに自分が携帯依存かを突きつけられる時間ですね。
携帯早く返してよアップル。

つまるところ、
携帯無いし動けないし何していいかわからず、ブログ更新してみた。笑

新年のご挨拶(遅)

ブログで新年のご挨拶
してなかった!わわわ!

と言うわけで
皆さま
明けましておめでとうございます(^^)
遅すぎるな。もう2月なるで。
もう恥ずかしいわ。

今年はファンクラブの開設という
大きなイベントからスタートしました。
もう既に100人を超える皆さまが
会員番号の発行をして頂けたとの事。
いやー、ほんま
私みたいなもんに、ありがとうございます。

そんな私の年末年始は
12月30日のFRIDAYで仕事納めして
大晦日京都に入り
ボクシング
小國選手のタイトル挑戦、
そして
井岡選手のベルト防衛戦を
ものすごい特等席で拝見し
アドレナリンモリモリのまま年越し。
素敵な大人の皆さまと新年会させてもらい
東京に戻って2日から
杉まつり2017にてライブ初め
リハーサルしてFRIDAY初日withたをやめ
京都戻って母の三回忌法要
祇園と木屋町にご挨拶行って
寝ずに戻って大友先生と新年会、
そこからラジオ収録とハンドモデル撮影を挟み
ツアー初めで九州三箇所、
各方面の新年会もスケジュールが合い
今年はたくさん参加できた。

そんな中
やっと予定の無い二連休を迎え、
ホッとしたのか30時間近く寝て
カラッカラの状態で目覚めました。

はて。どこ行ったんやろ私のお休み。笑

こんな私ですが、
今年もどうぞ、
宜しくお願い致します(^^)

ファンクラブ開設に伴い
HPもリニューアルして行きます!
是非こちらもチェックして下さいね!

ここの存在、忘れてない?私

ふと思う。

生まれつきのくせ毛のせいで
子供の頃から、
きっと”目に付く”子だったんだと思う。
良い意味でも悪い意味でも。

例えば、部活の練習試合の後のロッカールームで
他の学年と合同で参加する行事の時
色んな場面で、
”なんやようわからんけど”
”よく知らん奴が”
”まっすぐこちらに敵意を向けてくる”
そんな事があった
という記憶がある。

今思っても、謎でしかないし
その時はちゃんと傷ついたり
はたまた好戦的になったりしてた。

そんな事を思い出しながら、
今日はジムのロッカールームで
身支度をしてた。
みんな、大人だなって。笑
「なんやコイツ」と思っても
一切顔に出さないし、
まるで、自分や自分の知り合い以外
存在すらしていないかのように
澄まして過ごしてる。

少し、寂しくなった。

きっと、
私を含め
9歳だったり12歳だったり
15歳だったり17歳だったりした、
彼ら、彼女らは、
社会に出て人との距離感をとるための
練習をしていたんじゃないかな、と思って。
甘噛み的なやつだったんじゃなかろうかて。

言わなくていい事を
言わないようになる分、
言わなくちゃいけない事も
言わなくなるなぁ。
素直だったなぁって。

記憶の中のあの子たちと、
今なら友達になれそうな気がした。

秋って、やーねー。
久しぶりのブログがこれかいってね。笑

ふと、思ったんだ。
ただただ、ふと。

★7/10@東京キネマ倶楽部★

初めて足を踏み入れた時に
心臓が、キュっとした。

一目惚れのような
雷に撃たれたような
ものすごい衝撃は
何度寝ても冷めることがなくて。

そんな、憧れの場所で
ステージさせて頂くことが出来ました。


鶯谷、ディープ東京!というのがまさに、な街に
グランドキャバレーの内装そのままで運営するライブハウス
東京キネマ倶楽部。
この2階の天鵞絨のソファー。
ちょっとくたびれているんだけど、
それも歴史が刻まれている証拠。

ステージ上の幕たちも
本当に懐かしくて可愛くて、
それに、素晴らしい照明をセットして頂き
なんともいえないキャバレーの猥雑さがプラス。

バーレスクダンサーの
miss cabarettaさん
accoさんの衣装も素晴らしく昭和で。

もう、昭和にワープしたような、
狐につままれたような。

特にこの写真。
初めてキネマ倶楽部にライブ鑑賞に行った時に
あのステージを見て
なんとなく思い浮かべたイメージ、
丸まま!全くそのまま!
MVでも登場して頂いている
ボン・ソワール・コウノさんは
今日もパリッパリで。

実はMVの撮影に際し
「キネマで撮りたい!
撮りたい撮りたい撮りたい!
借りてぇ〜!しゃちょ〜!!!」と
駄々をこねていたんです。
もちろん、
上のステージでのGOGOダンスもありきでね。

13分に及ぶメドレーを含む上
新曲ラッシュの90分でしたが
大きな失敗をする事もなく
伸びやかに歌えたのは
素晴らしい演奏をしてくれた
11人のメンバーを始め、
顔を照らすだけにあらず、
”雰囲気”を作ってくれた照明さん
じゃじゃ馬な私物マイクと格闘してくれた音響さん
汗だくで走り回ってくれたスタッフの皆さんのお陰です。
楽器含め搬入機材も
ふた家族くらい引越しできるんちゃうかってくらい
恐ろしい量でした。
本当にお疲れ様でした。

そして、
また一つ、私の歴史が作られた
今日という日にご来場いただいた皆様、
本当に、本当に、
ありがとうございました。
開場までの間
肝を冷やしておりましたが
満員の客席を見て
ほんとにホッとしました。

充実感と満足感とで
心地いい疲れとともに、
「いや、もっとできる。もっとやれる。」と
どんどん欲が出てきております。
私、まだまだ満足できないわ。

次はもっと。
その次は、もっともっと。
どんどん伸びて行けるよう
しっかり反省して、
次に生かしていきたいと思います。

とりあえず今夜は一旦、
うっとりいい夢見ようかな。

ありがとうございました!

コミット報告⭐︎

満を時して言おう。
デブは罪だ。

もし私が男なら、
この女は抱けない。
ほんっとに思う。笑

今年の1月末から
白金台にあるサロン、To-riccoにて
痩身メニューを
3ヶ月受けるというモニターを
やっていました。

結果は、7,2kg減。

さて。
昨年の4月に左肘頭骨骨折したのは
このブログでも散々騒いでいました。
骨も順調にくっつき、
曲げ伸ばしもだいぶ改善はされているのですが、
未だ左肩は触れず、
ピンと真っ直ぐ伸ばして、
所謂”ロック”状態にはならない左手。

これを抱えたままのトレーニング、
正直不安ばかりでした。
神経麻痺により幼児並になった握力では
ダンベルなんて持てません。
実際負傷後しばらくは
真っ直ぐ歩くこともできない為、
日常生活での運動というのも
ほとんどしていない状態でした。

でもお酒は飲むし食事にも行く。
食べない飲まないで体重を落とすのを
なんども繰り返していたこの身体は
箸がころんでも太るんちゃうかというような状態で。

わかっているんだけど、
どうも思うように身体が動かない。
食事制限をしてみても、
代謝の悪さで全然結果が出ない。

そのジレンマで、去年は精神的にも
参っていたように思います。
テレビでスポーツの特集とか、
ダンスの特集とか
見るたびに泣いてたなぁ。
簡単なストレッチの動作すら
ままならないですからね。

なんとかしなきゃなのは
わかっているんだけど、
どうしていけばいいのか
誰に聞けばいいのかわからなくて
とりあえず肘の抜釘手術が終わるまで
見て見ぬふりをしよう。
と、逃げていた訳です。

そんな時に知人に紹介されたのが
To-riccoの大野さんでした。
お会いしたのはお正月。
「人生最後のダイエットにしましょう!」と
力強く言って頂き、
正月帰省や仕事が落ち着くのが月末という事で
予約までの2週間
一旦デブエットしてから臨むというクズっぷりでしたけどね。笑

パーソナルトレーナー石堂さんによる
1時間のトレーニングメニューと
大野さんによる
1時間のリンパマッサージ。

肘がアレなことを最初にお伝えすると
背中やお尻周りから鍛えるメニューを組んで頂きました。

リンパマッサージは、
正直、だいぶ痛いし辛かった。笑
でも、老廃物が流れて徐々に少なくなると
痛く無くなってくるんですよね。
何より受けた翌日、翌々日と
だんだん体外に排出されていくのが
自分でもわかり、
ものっすごいスッキリするあの感じは
溜め込むタイプの人には是非一度味わってみてほしい。

週一ペースで通い、順調に少しずつ落としていた中で
主治医の異動というなんとも微妙な理由で
急遽抜釘手術が決定し、
そこから2週間ほどは完全に左手を使えない状態での
トレーニング。
メニューを考えて頂くのも骨が折れたことと思います。
全身麻酔して手術した人間が3日後にはトレーニング行くってね。
スポーツ選手じゃあるまいしってね。

傷の治り具合を見て
また少しずつ腕のトレーニングも増やした所で
モニター期間が終わってしまいました。

さぁご覧いただこう!

お尻の位置!
背中の凸凹!
くびれ?の、ようなもの?
てか、これ、着てるもの同じなんです!!!

数字としての結果は
正直全然満足行ってない。
デブ写真と並べて細いってだけで
まだデカイのはデカイ。
美容体重にはまだまだ遠いしね。

でも、
体質が確実に変わったのを実感してる今
リバウンドしようにも
解禁するものが何もないという状態で
じわじわゆるゆる落として行ける気しかしません。

もちろん、
食事の内容には気を使っていたし
手術後お酒を辞めていた時期もあったけど
仕事でもプライベートでも
とても大事にしている”お付き合い”に対して
大変理解頂いて進めて頂いたお陰で
ストレスが全くなく落としてこれました。
これも初めての事。
今までは友達失くす覚悟で引きこもったり
結構ピリピリしながら減量してたので
「生まれて来た事後悔させたろか」ぐらいの台詞を吐き
スタッフさんを追い詰めていたりしてた事も。笑

あと1年くらい通い続けたいんだけど、
出血赤字でのモニターはもう終わりだし
今までのペースで行くには。。。
もうちょっと稼がないと。。。
という事で
最後の3週間は並行して
スポーツジムに通い始め
石堂さんに教わったメニューを
継続してやっています。
ふるふるしながら歯食いしばってつけた筋肉、
絶対落としたくないしね。

大野さんに流してもらって激痛だったリンパも
いやでも覚えてるから、
自力でサウナで流す!
きっとこれで次行っても全然激痛なんだろうけどね。

改めて、
大野さん、石堂さん、お世話になりました!

嫌な事を嫌々やる必要は無いと思うの。
でも、ちょっとの我慢の先に
我慢した事を忘れるくらい
嬉しい事や楽しい事が待ってるのなら
「なんじゃ〜なんでもっと早くやらんかったんやろ」と
思うもんですね。

引き続き、頑張りまーす!
満足いく形に仕上がったら
大野さんとこで写真撮ってもらうんだ〜!

Special Thanks

さて
ブックレットをご覧頂いた皆様は
お気づきかと思いますが、
今回のアルバムのスペシャルサンクスのコーナーは
今までバンドのライブに参加してくれた
スタジオミュージシャンの皆さまの名前のみになっています。

”ずるいひと”でのデビュー以来
本当にたくさんの関係者の皆さまに囲まれて
伸び伸びと音楽活動を続けさせていただいている中、
「あの人も!この人も!」と載せたい名前をあげるうち
数ページに及ぶ莫大な数になりました。

改めて、
こんなにたくさんの人に支えて頂いてるのかと
驚きと感謝を身に染みて感じました。

でもね、ページ数に限りがある中、
小さな文字でガーっと並べるのは読む方も大変だろうと
思い切った次第です。

デビューから6年。
近くで、遠くで、
「なかの綾」という歌手を
少しでも多くの方に知ってもらうべく
ご尽力頂いている皆さまに
この場を借りてお礼申し上げます。

本当に、いつもありがとうございます。

スペシャルサンクスの気持ちを
歌にぶつけて
さらにさらに頑張っていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします!