夜ジャズrevisitからのスナック綾

須永辰緒さんのイベント
夜ジャズrevisitに
お邪魔してきましたー!

星野みちるちゃんと
初めてイベントご一緒できた。

噂の”口開けソング”も
初めて歌えたし
浦風親方とのデュエットも最高でした!

気分良く終えて
時間もまだ早い!という事で
渋谷MeWeへ行ったのが
そもそもアカンかった。

お友達いっぱいで
楽しくなりすぎた…
何時に帰ったか
あんまり覚えてない…

そして
震えながら迎えたのは
田町 スナックバーRさんを
貸切させて頂いての
「第2回 なかの綾ファンクラブの集い」
一日ママ、ということで
お酒を提供させて頂きました。

ワイワイ飲んでしゃべって
カラオケ大会もして。
なんだかとっても楽しかったなぁ。
普段は
私が一方的に歌ってしゃべってだけど
皆さんから良いアイディア頂いたり、
はたまたお客様同士でお話が
盛り上がったり。

いい店だったな。←自画自賛

お休みにもかかわらず
快くお店をお貸し頂いたスナックR優子さん
ありがとうございました!!

- 会員のコメントがあります -

堺市いずみがおか広場ありがとうございました!

岸和田で多いに飲みちぎった次の日は
堺市泉ヶ丘駅前広場にてのイベント出演。

前日も雨がぱらついておりましたが、
この日はなかなかすごい雷雨で。。。
途中1時間ステージが止まってしまいました。

こればっかりは、どうしようもないもんですね。

それでも雨があがるとたくさんのお客様でにぎわい
わざわざ駆けつけてくれたお客様もいらして
楽しくステージできました!
初めましてでサッとビールを差し入れ頂いた方も!
嬉しかったなぁ!ありがとうございました!

土砂降りでスタッフも途方に暮れている中
共演のミュージシャンのお二人が
雨宿りしているお客様へむけて
歌を披露されていて、
「なんや姉ちゃん歌わへんのか」
「アカペラでもあかんのか」
「場つなぎもせんてどうゆうことや」
なんて辛辣なお声を頂いたんだけども、
私は、歌わなかった。

それが果たして無駄なプライドだったんじゃないかと
今も心に苦く残ってるんだけど、
なんか、やだった。それだけだったんだよね。

屋外でステージ機器丸裸の中、
落雷だけはどうしても避けなければいけないので
基本電気は一度落とすというのがセオリーなんだけど
カラオケ音源でライブをする私は
電気が使えないとなると
ほんと何にも無いんですよね。

正直、悔しかったしイライラした。

5月にちょろっと弾いて満足してるギター、
良い加減練習しよう。良い原動力になった日でした。

- 会員のコメントがあります -

岸和田競輪場ありがとうございました!

半年ぶりの岸和田は
「え、今日長渕剛さんでもいらっしゃるの?」と
ガードマンの皆様がざわっとするような
VIPなお出迎えをいただいての
岸和田競輪場でのイベントステージでした。

歌謡曲の強みとでも申しましょうか、
リハーサルの段階から
「なんや、なんや」と
たくさんの方に注目頂き
本番にはたくさんの人に足をとめて頂きました。

夕立パラつく中での”雨の慕情”は
シャレにならへんかったけどね。

なかなか鋭いえぇヤジもこれまた味。
関西弁のおっちゃんとのスピード感あるやりとりは
ほんと癒された。笑

初めての土地で、
尻尾ぶんぶんふりながら近づいて来てくれて
フレンドリーでいて距離縮めつつもちょっとビビる、
そんなワンコのような可愛いおっちゃんいっぱいやった。

コーヒーくれた全身タイガースのおっちゃん
イケメンに印つけた予想の紙と車券くれたおっちゃん
親切丁寧に車券の買い方教えてくれた警備員さん
大変気持ちいいアテンドして頂いたさおりさん始めスタッフの皆様
ライブから打ち上げまで駆けつけて頂いただんじりの皆様
本当にありがとうございました!

また良い熱頂きました!
さらに成長して帰れるよう頑張ります!ありがとう!

IKURA’s AMEFES!!

今年25回目を迎えた
IKURA’s AMERICAN FESTIVALに
出演して参りました〜!

初めての富士スピードウェイ。
音が凄かった!

控え室からは
サーキットで行われている
ドラッグレースも見ることができたり
展示品として並んでいる
可愛いレトロな車やバイクたちに
胸がときめきました。

IKURAさん、
お誘いありがとうございました!

快くお写真お取り頂いた諸先輩がた、
ありがとうございました!

皆さま
お疲れ様でした╰(*´︶`*)╯♡

小野瀬雅夫さま❤︎


ブラザーコンさま❤︎


横山剣さま❤︎❤︎❤︎


DJ osshyさまとDJ akiraさま❤︎


たくさんあった車だけど
思わず撮ったのはこの2台。
やっぱり赤い車が好きなんだな多分。笑


佐藤善雄さまにも久しぶりに会えた❤︎

あー楽しかった!
今日も幸せに歌えました。

ファンクラブ特典追加!

ファンクラブ特典が
また一つ増えました!!!

皆様お一人お一人へのバースデーカード!!!!

やっぱりいくつになっても
お誕生日はワクワクするものですものね。
昨今SNSで浴びるように祝いの言葉が溢れますが
せっかく頂いたご縁、
アナログに郵送でお祝いしたいと思います。

会員アカウントの画面に
バースデー入力フォームが完成いたしました。
こちらへお誕生日のご登録をお願いいたします。

HPログインとかアカウント、わかんない!という会員さまへは
一斉メールでもご案内が参りますので、
そちらのメールへ「お名前、会員番号、生年月日」を明記してご返信下さい。

一旦会員情報とひも付けした上で
私が自宅で書きますので、
直近のみなさまへは間に合わない。。かな。。。。ごめん。急ぐ。
諸々個人情報の管理は
自宅へ持ち帰っても徹底致しますので
どうぞご安心下さい。
でっかいシュレッダー通販で注文した。笑

しかし
狙って投函して当日ビシッと到着するか、ちょっと不安だな。
なるべくお誕生日近辺で。少なくとも遅れる事のないようにだけは
気をつけたいけど、1日2日遅れても、ご愛嬌で許して下さいね。笑

一枚一枚心を込めて書いて、切手を貼って。
なんか、いいよね。

1日10通くらい投函できるように、
ファンクラブの会員数が伸びる事も夢見つつ、
いや、毎日10はさすがにきついんじゃないかと恐々としつつ、笑

私、頑張るから!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

宜しくお願い致します☆

- 会員のコメントがあります -

泥の中

「初めてだから」なんて
お客様には関係ない。

色々なプレッシャーを感じ
出来ない自分に苛立ち
先輩の言葉に救われ
それでも自分に苛立ち…と

目まぐるしかったお稽古が終わり
公演が始まったと思ったら
すぐに終わってしまった。


下北沢駅前劇場での
vaice★、”泥の中”
9公演にわたり
お世話になってきました。

芝居が終わってロビーへ出て行くと
毎回知ってるお顔があるのは
とっても心強かったです。
駆けつけて頂いた皆さま
本当にありがとう!!

素敵なお花に始まり
酒、食べ物、風呂グッズ、酒、と
たくさんの差し入れも頂きました。
嬉しかった!

さてそんな泥の中、
テレビや舞台、ミュージカルで
それぞれ活躍されている俳優さんによる
vaice赤星という芝居ユニットで
そのメンバーのお一人、
ポカスカジャンの省吾さんから
「芝居とか興味ない?」という
ザックリとした一通のLINEで
お誘い頂いたのが昨年でした。

年末にメンバーの皆さまと顔合わせをし
本番の日程だけ聞いて、
5月頃に稽古が始まるまでは
「ほんとに私やんのかな?」と
全然実感無くおりました。

小松台東、松本哲也さんによる脚本で
片田舎の汚ったない酒場を舞台に
行き場のない大人達が
それぞれの人間模様を繰り広げる、
そんなお話の中で
私は店主 満作の腹違いの妹 麻美
という役をいただきました。

とは言え
こんな学芸会しかやった事ないど素人、
台詞なんて「おーい!」程度だろう。
と思っておりました。最初は。笑
仕上がった台本を見て「まじか」と。
覚えるまでは、
果てしない量に感じてたけど
やってみると実はそうでもなかったりして。


本番までの3週間ほど毎日
池袋の稽古場に通いました。
所謂”その世界”独特のルール。用語。
皆さんの世界にもそれぞれあるでしょう?
意識してなかったけど、
私もそんなものに囲まれて生きてきたのかな?
舞台の上で何かする、というのは同じでも
全然違うんですよね。

まずもって、
1ヶ月もかけてリハーサルするような歌現場、
私はまだ出会ってないです。笑

ともあれ、
何でもかんでも聞いてた。
その度に、
皆さんが驚き、微笑んでくれるのも嬉しくて
わからない事は素直にガンガン聞けた。

何度もなんども繰り返し
台詞の練習をしている皆さんを見て
私もやってみたけど、
何をどうやれば、皆さんのように
“自然”になるのか。
台詞だけじゃない
自然に歩く、自然に立ち止まる、
自然に座る。
普段意識すらしてないものだから余計に
考えるとできなくなって。困りました。

ほんと、つつがなく進むはずの稽古を
乱してるんじゃないか、
邪魔になってるんじゃないか、と
肝を冷やしている毎日でしたが
皆さん多くを語らずとも
気付いて下さってたんですよね。

稽古帰りに飲みに連れてもらって
色々アドバイスや経験談を頂いた日を境に
最初は萎縮して余計空回りしていたのが
とっても楽になり、
あんなに難しかった”自然”が
急に表れました。
「綾ちゃん、抜けたね!ダメ出しナシだね!」
なんて、自分の事のように
喜んでもらえて。ほんと、嬉しかった。

正直、「私多分向いてないから
二度と挑戦する事ないだろう」と
毎日考えながら通っていた稽古場だけど
本番直前、劇場入り間近になると
なんだかだんだん寂しくなってきて。

本番なんか、
毎日とっても楽しくて。

あっという間に迎えた千秋楽、
1ヶ月毎日毎日
何かを一緒に取り組んだのが
明日からはもう無いと思うと
なんとも言えない気持ちがこみ上げて
打ち上げでは久々に人前で大泣きしました。笑

共演の皆さま、
本当に貴重な経験を
ありがとうございました!!
そして、
出演者以上に
セット組立から音響から
裏方スタッフも
たくさんいらっしゃいました。
大変、お世話になりました。

そして何より
新しい世界への扉を
開けてくれた省吾さん。
誘ったからには、と
何かにつけて気にかけて頂きました。
とっても感謝しています。
ありがとうございました!

あー楽しかった(^^)
機会があれば、また挑戦したいな。
でも、この経験で得たものを
まずは本業である歌手業に
フィードバックしなくちゃね。

少し成長したなかの、
今後も頑張ります!!!!

- 会員のコメントがあります -

6/2FRIDAY

昨日もFRIDAYへたくさんのお越し
ありがとうございました。

チャージが¥3000から
¥4000になり初めての日。

予約少ないかも。やべぇ。と
思っていたけれど、
たくさん駆けつけて頂きました。

そして、
ミラクルがまた起きました。


大阪から移動日の
BEGIN島袋さんが!
なんと!ステージで!
曲を披露してくれた!!!
言ってみるもんだ!笑

ほんとさ、
オリコン賑わせてる人がさ、
「俺なんかで良いんですか」てさ、
どんなけ腰低いねんて。
私みたいな鼻くそみたいなもん、
もう床に頭擦り付けるしかないわ。
ほんと、実るほど、こうべを垂れる何とやら。
あの姿勢、尊敬して、私も頑張ります。

凄かったね!!
テレビやん!て、なったね!笑

もうお一方、
ギタリストの長尾行泰さんも
お越し頂いておりました。
ギターソロの緊張感が…ね。笑
サブちゃんお疲れ様でした!

とりあえず、
サクッと帰っちゃったから、
メンバー交代しました❤︎みたいになったぞ!笑

宮古島ミュージックコンベンション2017

ダメだ…もう早くも宮古島ロスだ…

よく飲んでよく喋って
よく踊ってよく歌った。
完全に燃え尽きた3日間。

出演のアーティストさんも
全国から集まったお客様も
スタッフの皆さんも
どこへ行っても愛が溢れてた。
江川ゲンタさんご夫妻の人徳と、
細やかなお気遣いと。

それに賛同する素晴らしいお仲間。
凄いイベントに参加させてもらった。

まだ、夢だったんじゃないかと思ってる。
「明日死んでもいい!」と思える程
楽しいステージをさせてもらえたのも
運営スタッフの皆様の
心身共の大変な疲労の賜物。
特に、最終日は天候不良のため
急遽会場変更。
ビーチからドームへ。
大掛かりなステージが撤収され
搬入口の小さなドームへ。
これ、物凄い大変な作業。
朝決まって、16時には
ステージが始まるなんて奇跡ですよ。
本当に、本当にお疲れ様でした。

そして
各箇所でご一緒させて頂いた
素晴らしいアーティストの皆様
ありがとうございました!
お客としてもとっても楽しんだし
音楽が、また好きになりました。

そして、
抜群の演奏で支えて頂いた
centralの皆様
江川ゲンタwith雅歌小屋バンドの皆様
飛び入りしてくれた白根さん
ありがとうございました!最高でした!

明日死ぬんちゃうか思うほど
会いたいアーティストにたくさん会えた。
鼻血出る程嬉しいお言葉も
たくさん頂いた。

まだまだ死ねん!
辞められまへんわこれは!!!

- 会員のコメントがあります -

金沢paddle/social

昨日の金沢片町paddle/social
mix vol.5
お越しの皆さま
ありがとうございました!

3回目となる金沢でしたが
ほんと、たくさんお集まり頂き…
すごい楽しかった!!!!

FM石川にもお邪魔できました。

絶品のお魚づくしの打ち上げも
最高でした!!
カワハギの肝、
あんなにたくさん見たの初めて。
あのウニも、なんやアレ。
しばらくいいやってくらい
美味しい魚で満たされました。
鮮度って、すごいのね。

ミノルさん、トオルさん、KONさん始め
スタッフの皆さま、
お疲れ様でした!!!
経田さん、
今回もきめ細かいアテンド
ありがとうございました!

平安から昭和へ。

昨日はセルリアンタワー能楽堂での
”狂言plus”というイベントに
出演してきました。
三宅右矩さん、三宅近成さん
三遊亭白鳥師匠、桂枝太郎師匠、
劇団四季の下村青さんに、、、私。

「狂言や落語をカジュアルに楽しんでもらいたい」
という主催者さまの意向により、とは言え
私みたいなもんが能楽堂の舞台に立つ事を
許していただけるなんて、
、、、、どうかしてるよ。笑

ほら。テレビで見るこれですよ。

いざ中に入ってみると
想像を遥かに上回る厳かな雰囲気に
リハーサルから縮み上がっておりました。

スタッフのみなさまに
「おはようございます!」とか
「お疲れ様です!」と声をおかけするんだけど、
金髪ジーンズのあっぱらぱーがペコっとすると
腰を低く落としてお辞儀して頂いてしまい、
どうしていいかわからず腰を落として
さらに縮み上がる、みたいな。

この幕が開いて出て行くんだけど、
男性二人でこの棒を持ち上げて上げてくれるのね。
「これ、、、どうやって開くんですか?」から
スタートですよ。
どこに立っていたらいいのかもわからないし。
ほんと、異世界に来たような気分で。

どうしていれば正解なのか。
作法としての振る舞い、
より礼儀を尽くすためのもの、
例えば、楽屋まわりしてご挨拶、していいの?
するべき?いや、しなきゃならない?
むしろしない方が正解?と一向に答えが出ず
とりあえず楽屋で大人しくしてる事しか
できなかった。

そんなあっぱらぱーにも
皆様優しく色々教えて頂きました。

市村さん、
とてもいい経験、ありがとうございました!
桂枝太郎師匠にはフリートークの際にえらいいじってもらえて
とても助かりました。笑
近成さんは同い年ということで、
「同級生!イェイッ!」と握手させてもらった。笑
ほんま、、、、えぇんかな。笑

「一回ライブを見ると、ハマる人はまたライブに来てくれる。
だからこそ、よりたくさんの知らない人の前で歌おう」
そんな事から、色んなイベントにお邪魔しておりますが
こうして歴史の長い芸事の舞台裏にお邪魔して
皆様の裏でのお支度姿を拝見できたのが
今回何よりのお勉強であり収穫になりました。

能、狂言、歌舞伎、落語も、
やっぱりライブの迫力は、違う。
最初に「観に行こう!」と
なるまでのきっかけが、
もっともっと増えて
金髪だガングロだ、
yo!yo!だったりoi!oi!な若者も
もっと古典芸能に触れる機会が広がれば
何か素敵な事が起こるんじゃないかな〜。
なんて。
舞台袖という特等席から拝見して
色々思案しておりました。

そんな、
古き良き日本を堪能した後は、

ギロッポンの夜へとワープ。
まさに
「昭和にワープだ」であります。

赤坂の老舗ソウルバー、
miracleの周年パーティが
行われておりました。
9年前、上京してすぐの頃にお邪魔したのも
ミラクルの周年で。
「なんじゃこら。都会はやっぱりすげぇな」
と思ったのを覚えてます。笑

ディスコ全盛期の六本木界隈で、
バブルを体感した大人は、やはりパワフル!
伝説のDJさんから踊り上手や酒上手で
大変賑わってました。

そうるまんきちさんともバッタリ!
虎の子食堂でお会いして以来。
SNSで拝見しててディズニー、サンタナと
シンクロ率が高かったんだけど、
ついに会えました。

suga-pimpsのお二人ともゆっくりお話しできたし
クックさんにもお会いできたし。

あの頃は、知ってる人なんかいなくて
とりあえず圧倒されてたのに
今回は一人でフラッといっても
色んな人に声かけてもろてお酒もろて。
年月と、ご縁の広がりをまた感じられました。

お話してくれた皆様、ありがとうございました!
中盤のほう、やっぱりあんまり覚えてないです!笑
楽しかったという記憶だけは、ある。

昨日出会った皆々様、ありがとうございました!

- 会員のコメントがあります -