令和になりました。

令和元年、
おめでとうございます。

皆さま、どんな平成の締めくくりを
迎えられたのでしょうか?
私は長者町FRIDAYでの
平成最後の夜の枠を頂き
満員のお客様と共に
締めくくる事が出来ました。
ご来場頂いた皆様、ありがとうございました(^^)

私が平成を迎えたのは
3歳の終わり頃でした。

「今までは、しょうわ」
「これからは、へいせい」
と、親から聞かされていた、
そんな記憶が薄ぼんやり。

「へいせい?へえせえ?」
「へいせいってどういういみ?」
「なんでへいせいなん?」
とか、
よくわからず答えの無い質問を
果てしなく親にぶつけていたんだろうな。

親族一同の中で
ぶっちぎりで幼かった私は
大人なみんなが話す昔話が
とても楽しそうで
そこに居なかった事が悔しくてたまらず
「なんでもっとはよ産んでくれへんだんや」
なんて、これまた理不尽な要求を
泣きながら母親にぶつけてました。

きっとそこから来てるんだろうな、
昭和への憧れや、まるで実体験かのような感覚
消そうとしてもずっと匂い立って
私を囲んでいる昭和の空気。

さて
私にとっての平成の30年を振り返ると
色んな人に迷惑かけながら
じっくりじっくり成長して来た時代でした。

そんな中で離れてしまうご縁も
きっとたくさんあっただろうけど、
見放す事無く、辛抱強く
ちょっとずつ大人になるのを
見守ってくれている方々も
こんなにたくさんいらっしゃるんだな、と
なんだか酔ってもいないのに泣けてきた。はは

そんな大事な人たちに
ありがとうのご挨拶と
ちゃんと顔見ての結婚の報告をすべく
令和初日の今日は、ふるさとへ向かっています。

今まで、親戚に会うにも
親や姉から誘われるまま
とりあえずついて行く、
というのが当たり前だったので、
私から連絡して会いに行くのは
これが全くの初めて。
34歳まで無かったなんて。
人としてどうかしてるよね。笑
正直、ちょっと緊張します。

でも、
昨日のライブも
満員のお客様のお陰で
とても良いライブになったし、
それまで連日やってた
レコーディングも
ずっと笑いながらサクサク録れたし
とても良い気分なんだ。
みんなみんなが
背中押してくれたような。ね。

素直に心からの感謝の気持ちを
正雄始め家族に話して来ます。
多分ね。笑
照れて言いづらいからお酒いっぱい飲むかも。笑

ほんとにいつも、ありがとうございます😊

皆さまにおかれましても
令和が素敵なものになりますように。

- コメントの閲覧/投稿には会員でログインする必要があります。-