ツアー後半戦始まるよ!

いよいよ後半戦に突入。
来週は大阪、名古屋へとまわり、
その次の週には京都、神戸。

実はこのツアー初日より
ステージでアルトサックスを
吹くようになりました。
宮古島でも
歌手の職権濫用して
ヒデローさんのトランペットと
マリノちゃんのテナーに
“ブラス2管ちょい”
てな感じで寄せてもらいました。

て、
偉そうに言う程吹けもしないし
ちゃんとお教室に入るでもなく
完全独学で進んでおりますので
「わー!ボタンいっぱいー!なにこれー!」
状態といいますか。
ほんとはボタンではなく
“キー”と言います。アレ。
パコパコする部分は”タンポ”ですて。
(皮で出来てるんだよって
こないだたをやめ女将が教えてくれました。)

なんだけど、ちょっと音が出るだけで
初めて歩いた赤ん坊でも見るように
皆さんチヤホヤして下さるのが
嬉しくて…ねぇ…
三十路越えてこんな経験さしてもろて…

「今のまま止まっていたい」
「もうこれ以上
上手くなる必要ないのでは?」
と思う気持ちもあるんです。

「吹けて当たり前」ではなく
「わー出来た!すごいすごい!」て
言われていたいんです。みんなに。笑

ただ
今まで身近で
聞いてきているものがプロの演奏。
当たり前の事なんですが
やっぱり耳で覚えている音色は
素晴らしくて、
でも
吹けども吹けども
思うような音が出なくて
「少しでも近付きたい!」と
今日はスタジオで個人練して
気付いたら吹きっぱなしで
2時間経ってました。
全然足りなくて
まだまだ練習したかったんだけども。

しかし
こんなに集中したのは
いつぶりなんだろうか。

もちろん、誰か先生について
習った方が
全く近道なのは
分かってるんだけど、
今はただただ音を出すのが楽しくて
これが
「やらなきゃいけない」
になっちゃうと
途端にその情熱が冷める気がして。

でも以前バンドで吹いてくれてた
辻野くんの教室には
いきなり突撃してみたい。
栗原さんにも習いたい。
マリノちゃんにも女将にも
順子ちゃんにも千葉さんにも
川島さんにもつーじーさんにも
今まで会ったプレーヤーみんなに習いたい。
きっと
「やりづらいわ!」と
嫌がられるだろうけど。笑

それはさて置き
思い切って始めてみて
良かったと思えることは、
サックスだけでなく
楽器全般に於いて、
習得するのはとても大変だということ。

一朝一夕では決してできない
音の深み、重み、それぞれの味。
プロとして、技術だけでなく
一握りの人だけが備える
“華”を持っているミュージシャンが
私と一緒にステージに立ってくれている、
という事、
分かってたつもりだったけど
より、身に染みて理解しました。
愛しさしかないわ。
みんなともっともっと音で会話したい。
“歌の伴奏”という物で縛ってしまうのでなく
自由な遊びを、セッションをしたい。
それが今の私の夢です。

何年先になるやら…
蝸牛の歩みですが
ちょっとずつ、でも着実に
「当たり前」のその先を見て
楽しみながら
伸びて行きたいと思います。

実際、
初日の盛岡より
だいぶ吹けるようになったしな!
全く出なかった下のドも
割と出るしな!
ほんまはあるはずの
ドより下は存在してないけどな!
上のレより上の音、
今日初めてあるって知ったけどな!
「指遣いはリコーダーと一緒」て言うけど
なんか全然ややこしいしな!
とりあえず指の形丸暗記してるけどな!

これからまわる各所の皆様、
あまり期待せず、
楽しみに待っていて下さいね!

大丈夫!潔く諦めるから!
プロの演奏、
そんなに邪魔しないから!!
ごっついネックレスだから!!!

あと5箇所。
楽しむぞーーーーーーー!

- コメントの閲覧/投稿には会員でログインする必要があります。-